サイトメニュー

光脱毛の大きな特徴 光脱毛の仕組みは? 光脱毛の種類はこれだけあります 光脱毛のメリット・デメリット 光脱毛で人気の部位 光脱毛完了までの回数 部位による脱毛の痛み 脱毛サロンの部位別の痛みの違い まとめ

 

光脱毛の大きな特徴


美容脱毛の中でも特に人気が高く主流になりつつある光脱毛(フラッシュ脱毛)ですが、その大きな特徴は以下になると思います。

 

・気軽に通うことができる
・価格の面でレーザー脱毛よりも通いやすい
・痛みが少ない為、肌へのダメージや負担が軽減される

 

では、光脱毛や仕組みなどを含め、これらの特徴を解説しようと思います。

 

光脱毛の仕組みは?


光脱毛は脱毛器の光をムダ毛に当てる事で毛のメラニン色素に光が反応し、毛根にダメージを与えてムダ毛の生える力を抑制させていく脱毛方法です。
脱毛サロンでの脱毛の特徴
出典元:http://www.datsumouex.com/esthe-flash.php

 

毛を作っている細胞自体にダメージを与えるのでムダ毛の再生能力はどんどん弱くなっていきます。そして最終的に、ほとんど毛が生えてこなくなる程度まで抑毛することができるのです。

 

しかし、光脱毛も種類があり、すべてがこの方法で脱毛しているわけではありません。細菌では蓄熱式といわれる毛を生やそうとしている状態の所にダメージを与えていくような光脱毛も出てきました。

 

それがSHR脱毛やハイパースキン脱毛といわれるものです。

 

光脱毛の種類はこれだけあります


光脱毛と一口に言ってもその種類はレーザー脱毛と同じようにたくさんあります。

SSC脱毛

SSC脱毛はよく聞く人も多いのではないでしょうか?

 

クリプトンライト言われる専用の光を使用していて、トレジャービーンズの入った専用のジェルを脱毛箇所に塗り、クリプトンライトを当てると、ムダ毛自体に当てなくてもジェル内のトレジャービーンズに含まれる有効成分が浸透し、ムダ毛自体に働きかけてくれることで、脱毛をしていく方法です。

 

光脱毛の中では比較的にメジャーな方法で、使用している脱毛サロンは比較的あります。

 

主な脱毛器

・P.S.KRYPTONシリーズ

使用している脱毛サロン

IPL脱毛

IPL脱毛はSSC脱毛とは違い、光自体をムダ毛に直接照射して、毛根を焼いていく方法です。

 

この方法も脱毛サロンの光脱毛の中ではメジャーな方で、この方法はレーザー脱毛に方法やイメージは近いです。ただ、違うのは脱毛は医療行為になるのでIPL脱毛はレーザーよりも出力は低くなっています。

 

主な脱毛器

・ARON.STシリーズ
・ルネッサンスGTR
・C3-GTR
・フェリークFv4

使用している脱毛サロン

SHR脱毛

IPL脱毛とSS脱毛は毛の毛乳頭に当ててダメージを与えていく脱毛方法をとりますが、SHR脱毛は毛包全体にアプローチしていく脱毛方法になります。この毛包のバルジ領域といわれる箇所に熱を当てて脱毛効果を出すので、毛周期に合わせた脱毛をしなくても十分な効果を発揮する事ができます。

 

その為、脱毛完了までの期間が短いことが最大の特徴で、通常1年以上かかる脱毛が半年で完了します。

 

主な脱毛器

・SHR方式脱毛マシンルミクス
・ルミクスツイン

使用している脱毛サロン

 

光脱毛のメリット・デメリット


光脱毛に通うメリット・デメリットを説明していきます。

光脱毛のメリット

・施術費用が安い
・サロンで行う脱毛の為、気軽に通える
・肌へのダメージが少ない
・一度に広い範囲を照射できる為、施術スピードが速い
・一度の施術が短時間で完了する
・痛みが少ない
・美容効果がある

光脱毛の大きなメリットはとにかく施術費用が安いことだと思います。レーザー脱毛を受けるとなるとどうしても費用は高くなりがちですが、光脱毛は最低数百円から受ける事が可能なので、お財布に優しく、気軽に通いやすいです。

 

さらに、一度に広範囲のムダ毛を処理する事ができるので施術スピードが速いので施術にかかる時間が短く済むのも大きなメリットだと思います。そして、レーザー脱毛と違って痛みは少ないので、肌へのダメージが少ないです。

 

なので、痛みをできるだけ抑えたい、料金をできるだけ安く済ませたいといった人には最適な脱毛方法だと思います。

光脱毛のデメリット

・レーザー脱毛に比べて脱毛効果が低い
・半永久的にムダ毛を処理する事ができない(抑毛効果のみ)
・脱毛回数がかかる
・一度の脱毛時間は短いが、長期間通う必要がある
・日焼けしてる肌には照射ができない

メリットに対してデメリットは、出力が低く、痛みが少ない代わりに脱毛効果が高くない為、完了までの期間が長くなります。

 

毛周期に合わせて脱毛するのは同じですが、脱毛効果を実感するまでには最低でも3回以上は必要になります。さらに脱毛が完了してもレーザー脱毛と違い完全に生えてこなくなるまでの処理はできないので、半永久脱毛にはなりません。

 

その為、しっかり効果を出すのには最低でも12回程度は通う必要はあり、2ヵ月に1回通うとしたら2年ほどの期間がかかるのでレーザー脱毛よりも通う期間は長くなります。

 

光脱毛で人気の部位


初めて脱毛する人はどこから始めればいいのかってわからないですよね。

 

もちろん気になる部位から始めても問題はないですが、人気のある箇所や最初に受ける箇所として試してみたいってい人もいると思うので、人気の箇所をまとめてみました。

 

人気がある部位というのは、「誰もが気になる箇所」「他人のムダ毛で気になる箇所」「脱毛がしやすい箇所」であるという事です。これらを総合して脱毛で人気がある箇所として紹介していきます。

わき

自己処理をする回数が多く、他の人からも見られる箇所なので、初めて脱毛する部位として人気があります。春先から秋にかけてまでは半袖や薄着になることは多いですし、袖から見えてないか気になる箇所です。

 

ちょっとしたしぐさで見えてしまう事もあるので、人気のある部位です。

 

・わきは狭い範囲の中に太くて濃い毛が多い為、脱毛をした際効果の実感はしやすい
・他の部位と比べて脱毛完了までに時間がかかる

わき脱毛ならミュゼプラチナム

 

ひざ下

女性はスカートやホットパンツなど脚を出していることが多い為、1年を通して処理をしなければいけない箇所ですよね。ストッキングを履いていても、透けて見えていることもある為、他人のムダ毛で気になる箇所としてあげる人も多いです。

 

・しっかりした毛が生えている為、脱毛後の効果が目で見てわかりやすい
・範囲が広い為、完了までの回数は少なく済む

 

脱毛箇所の中では、脚はそこまで恥ずかしさがない箇所でもあるので、脱毛に対しての懸念は少ない箇所です。

 

全身脱毛・部分脱毛なら銀座カラー

VIO

デリケートゾーンであるVIOも人気ではありますが、あまり人気度としては上記の二つに比べて低いです。

 

デリケートゾーンは普段は他人から見られるような箇所ではないので、処理自体をそこまで頻繁にしている人が多くない為です。しかし、水着を着る際やショーツを履いた時のムダ毛を心配する人もいますし、臭いが気になって処理をする人などもいます。それから、生理中のムレが気になる人もいますよね。

 

しかし、デリケートゾーンは自己処理が難しい箇所でもあります。その為脱毛をする人が増えてきている箇所でもあります。

 

デリケートゾーンは全ての毛を処理してしまうハイジニーナ脱毛や好きな形に整えたりする人もいます。

 

・デリケートゾーン全ての毛を処理してしまう
・全体的に薄くする
・形を整える

 

等、好みに合わせて脱毛する事ができる箇所でもあるので、スタッフさんに相談してみて下さい。

 

しかし、他の箇所に比べて脱毛時の痛みを感じやすい箇所でもあるので、しっかり確認して進めていくようにしましょう。

 

他の箇所に比べ、自己処理は難しい箇所ではありますが脱毛後の快適さを考えたら脱毛する価値は十分あると思います。

 

VIO脱毛はどちらもおすすめです。
わき脱毛ならミュゼプラチナム

 

全身脱毛・部分脱毛なら銀座カラー

ひじ下

腕やひじ下は半袖や七分袖を着るとどうしても見えてしまう場所です。春から秋にかけてまでは、半袖で生活する事が増えるので、他人から見ても気になりますし、自分で見ても気になる場所です。

 

その為、自己処理をしている人も多いですが、脱毛する人も多いのです。

 

腕は、人によっては薄いこともある為、効果の実感には時間がかかることがあります。しかし、施術を受ける場所としては抵抗があまりなく、気軽に通うことができる箇所だと思います。

 

・抵抗がなく、気軽に通える箇所
・露出してる事が多い為、ムダ毛が一番目立つ箇所

 

光脱毛完了までの回数


光脱毛はレーザー脱毛よりも出力が低いので、その分効果の実感に時間がかかったり、レーザー脱毛よりも回数が必要になります。

 

では、光脱毛で必要な回数はどれくらいになるのでしょうか。

 

それをまとめてみました。

項目 自己処理が不要になるまでの回数 完了までの回数
脇脱毛 5回〜6回程度 12回〜18回程度
4回〜5回程度 6回〜12回程度
VIO 5回〜6回程度 12回〜18回程度
4回〜5回程度 6回〜12回程度

表を診てもらえればわかると思いますが、全体的に自己処理が不要になる回数は5回〜6回程度ということになります。特にわきやVIOは回数が多く必要になるのもわかると思います。

 

部位による脱毛の痛み


痛みに関しては個人差が大きく、同じ脱毛方法を使用していても感じ方はそれぞれ違います。

 

痛みが気になるなら、無料でお試しをさせてもらえる脱毛サロンもありますし、数百円や数千円でお試しできるキャンペーンなどもありますので、これらを利用してみるのが良いと思います。

 

脱毛サロンの部位別の痛みの違い


脱毛サロンの脱毛は上記でも書いたようにいくつかの種類があります。体験した人のほとんどは輪ゴムではじかれたような痛みを感じます。

 

では、実際部位によってどれくらい痛みに違いがあるのでしょうか。

 

それを解説します。

部位別の痛みの程度

皮膚が厚い脚の脱毛はそこまで痛みを強く感じません。

 

痛みを感じたとしても、我慢ができる程度の痛みです。

わき

わきは毛自体が太くて濃く、さらに密集してるので痛みはそれなりにありますが、比較的我慢ができる程度の痛みです。

VIO

デリケートゾーン(VIO)の中でも特にIOラインは毛が太くて濃く、密集していて、さらに皮膚自体も非常に薄いことから痛みはどの部位よりも感じます。

 

痛みが強いけど我慢ができた人もいれば、我慢ができずに休み休みで施術をしてもらった人もいます。今は痛みがほとんどない脱毛もあるようなので、痛みの程度に関しては確認してみることをお勧めします。

 

まとめ


ここ最近は学生のうちから脱毛を始める人も増えてきました。脱毛自体も年々受ける年齢が若くなっていますし、それに伴ってサロンでも色んなサービスをして少しでも手が出しやすいようになっています。

 

光脱毛はレーザーよりも出力が高くないので、効果も抑毛させる効果になりますが、その分気軽に通えて、手が出しやすい低価格なので、脱毛初心者でも安心してお試し脱毛する事ができます。

 

脱毛に興味があれば、お試しやキャンペーンで安くなっている時期を狙って受けて見るのもありだと思います。