サイトメニュー

実は多い?!お風呂でムダ毛処理をする人 お風呂でムダ毛を処理するのが危険な理由 入浴前の処理も注意が必要 一番ムダ毛処理に適している時はいつ? 毛嚢炎の危険性 ムダ毛の処理の正しい方法は? 自己処理が難しい場所やムダ毛処理を楽にしたい人は脱毛サロンへ

 

実は多い?!お風呂でムダ毛処理をする人

ムダ毛を処理している女性はとても多く、身だしなみの一つになっています。

 

そんな女性達の中で、ムダ毛処理をしている場所を聞くと、ほぼ9割の方が「お風呂で処理をしている」と回答しているようです。

 

お風呂であればそのまま剃った毛を処理するのも楽ですし、多少毛が落ちてもそのまま流してしまう事もできるのが理由なようです。それから誰にも見られずに処理する事ができるからといった意見も多いようです。しかし、お風呂でムダ毛処理をする行為は実はとても危険な事が多いのです。

 

では、何故お風呂でムダ毛を処理すると危険なのでしょうか?

 

それを説明したいと思います。

 

お風呂でムダ毛を処理するのが危険な理由

お風呂場でムダ毛を処理するのが危険な理由は以下の3つが考えられるからです。

 

・雑菌が繁殖しやすい為
・濡れた状態の肌で処理すると傷つける恐れがある為
・ボディソープで処理するのは危険な為

 

一つずつ説明していきます。

雑菌が繁殖しやすい

お風呂は高温多湿な空間です。その為、雑菌やカビが繁殖しやすい空間でもあります。

 

自己処理をカミソリでする方も多いと思いますが、そうすると少なからず肌を傷つける事になります。その傷つけた箇所から雑菌が入り込み、炎症を起こしてしまい、最悪場合化膿してしまう可能性があるので、危険なのです。

濡れた状態の肌で処理すると傷つける恐れがある

お風呂で濡れた状態で処理をする人もいると思いますが、そうすると肌への負担が大きくなります。

 

お湯の温かさで毛穴が開いていて、肌と毛が柔らかくなっている為、処理をしやすいと思いますが、肌にある角質までも余分に剃ってしまう事になるのです。

 

そうすると肌のバリア機能や保護機能が低下してしまうので、肌荒れを起こしてしまう原因になってしまいます。

ボディソープで処理するのは危険

お風呂で処理をしている人の中には、普段肌を洗っているボディソープなどを利用している人もいるみたいです。しかし、これは避けた方が良いでしょう。

 

ボディソープはムダ毛を処理する事を前提に作られているものではないので、ムダ毛の処理によるダメージはカバーできません。むしろ、肌を濡らすことになる為、逆に負担は増えてしまい、肌荒れを起こしてしまう可能性があります。

 

入浴前の処理も注意が必要


お風呂の中での処理は危険な可能性があるのは説明しましたが、お風呂に入る前なら問題ないかと言われるとそれも注意しないといけません。

 

というのは、お風呂に入る前に処理をしてもお風呂中に処理をしたのと変わらないくらいの肌へのダメージがあるのです。もし入浴前に処理をするなら、蒸しタオルを用意し、処理したい箇所を温めてから行うようにすると良いです。

 

適度に毛穴が開き、毛自体も比較的柔らかくなっているので、刃がスムーズに滑るようになります。

 

一番ムダ毛処理に適している時はいつ?

ムダ毛の処理で一番適している時間は、入浴してから10分ほど経過した時です。

 

ムダ毛が適度に柔らかくなっていて、温まった状態もまだ維持されているので、処理がスムーズにできます。しかし、この際も必ず乾いた肌に直接刃をあてるのではなく、クリームなどをしっかり塗った上から処理をするようにして下さい。

電気シェーバーで処理をした方がいい

電気シェーバーを利用した方が肌への負担は少なく済むので肌荒れを起こしにくくなります。

 

カミソリよりも電気シェーバーを使用した方が肌への負担が少なく済むので、そちらがお勧めです。
理由等は【肌トラブルになるかもしれないムダ毛の自己処理】で詳しく説明しているので是非読んでみて下さい。

 

電気シェーバーを選ぶポイントは以下のようなものを基準に選ぶと良いと思います。

・丸洗いできる防水タイプを選ぶ
・ボディ用より顔用を選ぶ

丸洗いできる防水タイプを選ぶ

丸洗いできる防水タイプのものを使用すると、そのまま水につけて洗う事ができるので、常に清潔な状態で使用する事ができます。

 

電源に関しては乾電池式と、充電式があるのですが、これはどちらでも問題ないので使いやすい方を選ぶと良いです。

ボディ用より顔用を選ぶ

ボディ用は比較的肌に厚みがある場所に対して使用する事を前提としているので、パワーなどが少し強めに設定されています。

 

しかし、顔用なら肌の薄い箇所への使用が前提となるので肌への負担が少ないように作られています。その為、肌荒れなどの肌トラブルを起こしにくくなります。

 

できれば顔用の電気シェーバーをおすすめします。

 

毛嚢炎の危険性


お風呂で処理をしていると、肌トラブルの原因を引き起こしてしまう場合があります。その中でも特に気をつけたいのは「毛嚢炎」です。

毛嚢炎って何?

毛嚢炎というのは、毛穴が炎症起こしてしまっている状態の事をいい、ブドウ球菌が原因であるとされている病気の事をいいます。

 

ブドウ球菌は普段から人間の肌には存在している常在菌ではありますが、これは健康な状態であれば悪さをする事はありません。しかし、自己処理をする事で傷ついた肌はバリア機能が弱ってしまっている状態なので、この時にブドウ球菌は悪さをするのです。

どんは症状が起こるの?

見た目はニキビのように赤く腫れあがってしまうような状態です。

 

ほとんどの場合は炎症もそこまでひどくならずに嫌味や痒みなんかも感じませんが、悪化してしまうと痛みや痒みがあり、化膿し、発熱してしまう事もありますので、注意が必要です。

毛嚢炎になってしまったらどうするのか

毛嚢炎になってしまった場合、軽度のものであれば患部を清潔にしてあげて、そのまま放置していれば自然に完治します。しかし、痛み、痒みなどがあり、化膿してしまっている場合は、そのままにしておかず、できるだけ早く皮膚科を受診してください。

 

重度のものになると、そのままにしておくことで悪化してしまう場合があります。悪化してしまうと、自分で対処するのは難しくなります。

 

ムダ毛処理の正しい方法は?

・ムダ毛処理は部屋で行う
ムダ毛の処理は生活を普段しているリビングや自分の部屋で行うようにしましょう。

 

・処理を行う部屋は清潔にしておきましょう
ムダ毛を処理する部屋はできるだけ清潔にしてから処理をするようにしてください。

 

・カミソリを使うなら新しいものを準備する
電気シェーバーをすぐには準備できない場合はカミソリを使用する事になると思います。その際は必ず使い古しではなく、新しいものを用意してください。何度も使用したカミソリは切れ味が悪くなっているので、剃り心地も悪くなっていますし、刃が悪くなっているので肌を傷つけてしまいやすくなります。

 

・処理する場所に蒸しタオルなどの温めたタオルを当てる
蒸しタオルなどで患部を温めると毛穴が適度に開き、ムダ毛も柔らかくなるので処理がしやすくなります。

 

・シェービングクリームやジェルを使用する
温めた後、必ずシェービング専用のジェルやクリームを塗ってから処理するようにしましょう。こうする事で肌への負担を減らす事ができますし、剃り残りを防ぐこともできます。

 

・2度剃りは禁止
しっかり処理をしたいという理由で2回以上剃ってしまう人がいますが、これは肌を傷つけてしまう事になるので行わないでください。そして、逆剃りも行わない方が良いでしょう。丁寧に1回だけ剃る事をお勧めします。

 

・処理後はしっかりと流す
シェービングジェルなどのボトルに記載されている方法でしっかりと落としてください。シャワーで洗い流す場合は、流した後必ず冷水にして毛穴を引きしめるように濯いでください。その後、清潔なタオルで優しく水分を拭きとって下さい。

 

・完了後、化粧水などをしっかと塗る
処理完了後は、必ず保湿する意味で化粧水などを塗ってください。抑毛ローションを使用するのもお勧めします。

 

自己処理が難しい場所やムダ毛処理楽にしたい人は脱毛サロンへ


毎回の自己処理が大変な場合やどうしても自分ではできないような箇所の処理は脱毛サロンで処理をするのがお勧めです。

 

脱毛サロンでは、脱毛するだけではなく、手が届かないような箇所のシェービングを行ってくれる場所もあるので、お手入れが楽になります。

 

ミュゼプラチナム

ミュゼの脱毛は、SSC脱毛なので脱毛処理時の痛みはなく、短時間で施術が終了するので肌への負担はありません。

 

さらに処理する場所も選らぶ事もできるので、気になる箇所だけ集中して受ける事もできます。

 

グランアピタ岐阜店
住所 〒500-8462 岐阜県岐阜市加納神明町6-1 アピタ岐阜3F
電話番号  0120-965-489

 

→無料カウンセリングはこちらをクリック

わき+Vライン フリーセレクト ハイジニーナ7VIO脱毛コース
初回100円 4回18,000円〜 4回36,000円〜