サイトメニュー

アトピー肌でも脱毛はできるのか? アトピー肌でも光脱毛を受ける事でキレイになるメリット 脱毛時の注意点 契約しているコースのキャンセル対応などを確認しておく サロンに必ず伝えないといけない事 アトピー肌でもできない肌の状態は? アトピー肌でも脱毛ができるお勧めの脱毛サロン まとめ

 

アトピー肌でも脱毛はできるの?

脱毛に通いたいと思っても、アトピー肌で肌が荒れてしまっているから脱毛は難しいのではないかと思ってしまっている人もいると思います。

 

しかし、結論から先に言えば、アトピー肌でもそれに合った方法であればアトピー肌でも脱毛をする事は可能なんです。むしろ、脱毛サロン等で脱毛をした方が肌に優しいといったメリットがあるのです。

 

アトピー肌でも光脱毛を受ける事で肌がキレイになるメリット

・肌のターンオーバーが早くなる為、肌がキレイになりやすい
・自己処理による肌ダメージが減る為、アトピー症状が軽くなる可能性が高い
・アトピー肌での痒みの軽減が期待できる

アトピー肌の人こそ光脱毛を受けることでキレイになることができるので、むしろメリットが多いのです。

肌のターンオーバーが早くなる為、肌がキレイになりやすい

光脱毛の光には照射後に肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を早める効果があります。眠っていた肌の細胞に刺激を与えてあげる事で、元々持っていた働きを活性化させることができるのです。

 

アトピーは痒みでかきむしってしまい、肌が硬くなってしまうのですが、それを少しずつ柔らかくしてキレイにしていく事ができるの可能性があるのです。

 

さらに、脱毛には毛穴を引きしめていく効果もあるので、ニキビも予防する事ができるのです。

自己処理による肌ダメージが減る為、アトピーの症状が軽くなる可能性が高い

アトピー肌で特に悪化させてしまうのは、気になるからという理由で自己処理をしてしまうと肌が荒れてしまう事ではないでしょうか?

 

しかし、脱毛を続けていくと、肌にかかる負担は軽くなるので、肌ダメージを受ける事がほとんどなくなります。その為、脱毛でムダ毛がキレイになるにつれて自己処理の回数が少なくなってくるので、肌にかかるダメージは減っていきます。

 

アトピー肌は少しの刺激でも過敏に反応してしまって、ブツブツができてしまったりあかみが出てしまったりします。カミソリや毛抜きでのだめーじによる刺激を受け続けると、アトピー肌はどんどんひどくなってしまいます。

 

脱毛で自己処理の回数が少なくなれば、肌が刺激を受ける回数が減り、アトピー肌の改善が期待できます。

アトピー肌での痒みの軽減が期待できる

脱毛をする事で痒みが軽減されるといった事が期待できます。

 

アトピー肌の場合は、ムダ毛が肌に触れた時に痒みを感じるか又は、衣類の刺激で肌が痒みを感じやすくなります。

 

原因であるムダ毛そのものがなくなれば今の痒みが軽減される可能性が高くなります。

 

脱毛時の注意点

脱毛サロンではアトピー肌のお手入れをする事ももちろん可能なのですが、注意しないといけない事もあります。

 

それは、肌に薬を塗っている時は脱毛をする事ができないという事です。さらに肌の状態によっては医師の許可がないと脱毛をできない事もあるので、それも気を付ける必要があります。

 

それから、肌が極端に弱い人、ケロイド体質の人、光過敏症であったりその他の異常が何かある場合も施術を受ける事ができませんので注意してください。

 

不明な時はサロンスタッフさんに確認してみると良いと思います。

 

契約しているコースのキャンセル対応などを確認しておく


アトピー肌は寝不足であったり、ストレスであったりで簡単に症状が悪化してしまうので、キャンセル対応を確認しておく必要があります。

 

契約コースで見ておいた方が良い箇所

・キャンセル対応
前日までキャンセルが無料でできるかどうか
・契約期間
有効期限が2年以上あるか
・医療の体勢
ドクターサポートがあるかどうか

アトピーは悪化してしまうと、脱毛に通う事はできなくなるので、お休みしなければならなくなります。そうなった時、施術自体のキャンセルだけでなく、契約期間がどれくらいあるかも確認しておかないと、再開できるようになった時に、契約期間がないって事になってしまいます。

 

さらにドクターサポートがあると安心です。

 

ドクターサポートは、肌にトラブルがあった際にすぐに対応してもらう事ができるので、症状が悪化する前に処置をする事ができます。

 

サロンに必ず伝えないといけない事

アトピーは、皮膚科で処方されている薬を飲んでいたり、塗っていたりする方もいると思いますが、その薬は必ず何を飲んでいるのかを伝えて下さい。その理由は薬の成分によっては照射した光が反応してしまい、肌が炎症を引き起こしてしまう可能性がある為です。

 

この時、どんな薬を飲んだり塗ったりしているのかを確認する為のお薬手帳を持っておくと良いでしょう。一目で確認する事ができますし、成分も的確に調べる事ができます。

 

ポイント

・予め医師の同意書を用意しておく
脱毛サロンによってはアトピーである場合は医師の許可が必要になることがあります。その為、脱毛を受ける事ができるように予め医師から許可書や同意書を発行してもらわないといけない事があります。

 

皮膚科などが通っている病院がある方は担当されているお医者さんに同意書を書いてもらって、カウンセリング前に用意しておくようにしましょう。

 

もしその時点で通っている病院がない場合は、通いやすい皮膚科に行って、診察を受けて、同意書を書いてもらえばOKです。

 

アトピー肌でもできない肌の状態は?


アトピー肌でも脱毛ができるって話はしましたけど、それでもできないはだの状態もあります。

 

それは、肌の表面があまりにも荒れて赤くなってしまっている場合です。

 

・かきむしってしまい、皮がはがれてしまっている状態
・赤くただれている部分が多い状態
・肌が赤くにじんでしまっている状態

 

これらの状態に当てはまるような方は、病院で一度塗り薬を出してもらい、ある程症状を落ち着かせてからではないと脱毛をする事ができません。

 

触ってもにじんだ箇所がなく、体液のようなものが手につかないようになったら脱毛する事ができるようになります。

 

アトピー肌でも脱毛ができるお勧めの脱毛サロン

ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナムの脱毛方法はSSC脱毛を使用するので、肌への負担をかなり軽減させながら脱毛する事ができます。

 

その為、アトピー肌であっても痒みがでるような刺激を与えないように脱毛をしてくれます。

 

グランアピタ岐阜店
住所 〒500-8462 岐阜県岐阜市加納神明町6-1 アピタ岐阜3F
電話番号  0120-965-489

 

まとめ


アトピーがあっても脱毛をする事は可能ですが、肌の状態によっては医師の同意書が必要になります。

 

さらに、肌荒れが極端に悪い場合や、ジュクジュクしていしまっている場合は脱毛をする事ができないので注意する必要があります。

 

アトピーは体調でかなり変化してしまうので、常に自分の肌の状態を確認し、肌状態を確認しておくと良いでしょう。